1. トップ
  2. 松本からおでかけ

松本からおでかけ

~スタッフおすすめの観光地~

~白馬エリア~松本市から約1時間30分

  • 長野県の北西部に位置しており、面積は約189平方km。南側は大町市、北は小谷村、東は長野市・小川村と隣接している。中心部にフォッサマグナが走っている大断層地帯で、白馬連峰から豊富に流れ出た水が河川となり、それにより形成された扇状地である。日本屈指のスキーリゾートでも知られ、1998年には長野オリンピック・パラリンピックも開催された。気候は、1年を通し比較的冷涼な気候で冬はもちろん、春から秋の緑豊かなシーズンも魅力的なエリアである。
  • 大自然の中でアクテビティ体験

    ウィンタースポーツはもちろん、緑に満ち溢れるグリーンシーズンには
    アウトドア体験を是非。
    清らかな水を身近に感じられるラフティングやカヌー、
    地上からの大パノラマを堪能できる熱気球体験やパラグライダーもおすすめ!
    北アルプスの麓にある白馬エリアの自然の豊かさを肌で体感することができる。
    事前予約が必要。
    開始時間や期間がそれぞれ異なるためHPなど要チェック!
  • 疲れた後は体をリフレッシュ!

    いっぱい体を使って遊んだ後は、ゆっくりのんびり温泉へ入ってリラックス。
    アルカリ性単純温泉で「美人の湯」ともいわれている白馬八方温泉、
    空気に触れて褐色になる太古の湯、白馬塩の道温泉など。
    泉質や効果効能もさまざま。
    好みの温泉を見つけてみるのも楽しい。
    また、観光案内所や村内のガソリンスタンドなどで購入可能な温泉共通入浴券もあるので
    温泉巡りをするならこれがお得!(1冊2,000円)

~上高地・乗鞍エリア~松本市から約1時間30分

  • 上高地は標高1,500メートルの山岳地の麓にあり、中部山岳公園の代表的な景勝地。河童橋から望む穂高連峰の山々、制れtな梓川の流れなど自然環境にも恵まれ、特別景勝・特別天然記念物にも指定されている。独自の自然と地形が作り上げた景観と環境は圧巻で、壮大かつ繊細な自然の姿を肌で感じることができる。
    乗鞍エリアは剣が峰を手前に232の峰が連なる乗鞍岳と、乗鞍岳の東の麓にあり、標高は1,200メートルから1,800メートル。
    原生林や池、湿地、滝など大自然の魅力がたくさん詰まっている高原リゾート地である。
    上高地も乗鞍エリアも自然保護の観点からマイカー規制を導入している。
  • 四季折々の自然を満喫

    四季折々の表情をもつ乗鞍高原。
    高原から山頂までの標高差は2,000メートル。
    多用な自然環境をもっているため、一年を通して違う顔が楽しめる。
    4月下旬から8月まで春・夏スキーを楽しめる「大雪渓」、4月下旬から5月中旬に
    見ごろを迎え、日本有数の水芭蕉の群生地である「どじょう池周辺」、
    乗鞍岳が一望でき、水面に「逆さ乗鞍」が写りこむのが印象的な「牛留池」。
    池には高山性のトンボやサンショウウオが生息し、氷河期の遺存種といわれる
    白い花の「ミツガシワ」も群生している。
    さらには日本最高標高地点を通る「乗鞍エコーライン」から見る紅葉や
    雪の壁は一見の価値がある。
  • 沢山歩いたあとはカフェで一息

    優雅に至福の時間を満喫・・・。
    たくさん歩いて疲れた時には甘いデザートとコーヒーでリフレッシュはいかがでしょうか?
    落ち着いたクラシカルな雰囲気ののカフェやカジュアルな雰囲気のお店など、それぞれ特徴があり
    、どちらもゆっくりと寛げる。
    自分自身のお気に入りのカフェを見つけてみるのもオススメ。
    また、テイクアウトしながら河童をモチーフにした「河童焼き」を!
    もっちりとした生地が特徴のカッパ型のたい焼きはあんも3種類から選べるので
    シェアをして食べ比べるのもOK.

~安曇野エリア~松本市から約1時間30分

  • 長野県のほぼ中央に位置する。
    西部には雄大な北アルプス連峰がそびえ立つ中部山岳国立公園のある山岳地帯、東部は北アルプスを源流とした犀川に合流する梓川・烏川などが流れる平坦な扇状地。
    子のエリアの魅力は常念岳と正面に観ることができる北アルプスの山並み、清らかな湧水溢るわさび田と緑豊かな田園風景の景観。
    四季折々に違った顔をもち、日本の原風景ともいえる景観が残っている地域である。
    川端康成、井上靖、東山魁夷らがその美しさを称賛したともいわれており、平成23年(2011年)にはNHK連続テレビ小説「おひさま」の舞台ともなった。
  • のどかな自然の中で乗馬体験を

    のどかな田園地帯で乗馬体験
    北アルプスの雄大な景色をバックに澄んだ空気の中、馬と触れ合ってみませんか?
    初めてでも大丈夫!初心者向けにスタッフの方が手綱を引いてくれるコースから
    上級者向けの馬術レッスンと、皆んで気軽に楽しめるよう工夫がされている。
    お子様でも大丈夫。3歳までなら親子で一緒に乗馬できるコースもあります。
    用具のレンタルもあるので準備の必要は要りません。
    また圏内にも設けられているふれいあいコーナーでは、直接馬にエサあげ体験も。
  • 森の中でミュージアム巡り

    森の中のミュージアムめぐり
    安曇野地域には19もの多彩な美術館や博物館があり、それら全てを(安曇野市から白馬まで50キロメートル)「安曇野アートライン」と称する。
    これだけの範囲にこれだけの美術館があることは大変珍しい。
    個々の施設内で展示されている作品は勿論、施設を取り巻く風景そのものが
    アートになっているのも特徴といえる。
    安曇野の素敵な田園風景と共に特徴的なミュージアムでゆったりとした時間を
    過ごしてみてはいかがでしょうか。

~美ヶ原・蓼科エリア~松本市から約1時間30分

  • 美ヶ原高原は、長野県下最大級の八ヶ岳中央高原国定公園の最北に位置し、標高2,034メートル。美ヶ原高原最高峰の「王ケ頭」を筆頭に山上の平坦な台地で、松本市、上田市、長和町にまたがったエリアで、王ケ鼻、茶臼山、牛伏山、鹿状山、武石峰を含めた標高2,000メートル付近に広がる一帯。
    美ヶ原高原は「アルプスの展望台」ともいわれ、北アルプス、南アルプス、中央アルプス、富士山の大パノラマが望め、400種以上の高原。高山植物が咲く場所でもある。
  • 爽やかな高原ドライブ ビーナスライン

    のんびり高原ドライブ
    茅野市から美ヶ原高原美術館までを結ぶ76キロメートルの高原パノラマロードである
    「ビーナスライン」。
    平均標高は1,400メートルで最高地点は美ヶ原高原の1,920メートル。
    国の天然記念物にも指定されている「霧ヶ峰湿原植物群落」がある「霧ヶ峰高原」。
    静かで落ち着いた温泉地がある「蓼科高原」ばど魅力が盛りだくさん。
    壮大なアルプスの山々を見渡しながら澄んだ空気
    と四季折々に色や形を変える大自然を堪能してみてはいかがでしょう。
  • 花火に酒蔵巡り イベント豊富な諏訪エリア

    イベント満載の諏訪エリア
    美ヶ原ちょっと足を延ばして諏訪エリアに。
    夏には全国的にも有名な「諏訪湖祭 湖上花火大会」が行われることで知られている。
    また「酒の街」とも呼ばれており、500メートルの間に5つの酒蔵があり
    酒蔵巡りのスタンプラリーも楽しめる。(各蔵にて販売されているクーポン券が必要)
    歩いて5蔵巡って自分好みのお酒をみつけてみてはいかがでしょうか。
    また、毎年春と秋には人気の呑み歩きイベントも行われる。
    (イベントの日程や詳細は要確認)

~塩尻・木曽エリア~松本市から約1時間30分

  • 松本盆地の南側に位置し、北アルプス、鉢盛連峰、高ボッチ高原、中央アルプスの山並みを望むことができる。
    塩尻峠、善知鳥峠、鳥居峠、権兵衛峠などの分水嶺もあり、きれいな水と豊かな緑に囲まれた歴史ある地域。また、太平洋側と日本海側の交通が交差している要衝でも、高速道路や
    一般国道、JR中央東線、西線、篠ノ井線の通過する分岐点にもなっている。
    さらに史跡をはじめとする歴史的な遺産も多く、国指定の重要文化財などが18件、県指定が11件、市指定が60件と有形・無形文化財が数多くある。
  • 世界レベルの国産ワイン

    塩尻といえば、葡萄畑とワイナリー。
    明治23年(1890年)に葡萄の苗木を植えたところからはじまり、
    たゆみない葡萄栽培に関する技術研究と品質向上の熱意が現在の世界に認められる
    ワインの産地としての塩尻を作り出している。
    また、長野県産ワインとしての品質の高さを認定している「長野県産地呼称管理制度」
    において数多くの塩尻ワインが認定を受けている。
    ワイナリーを巡るイベントも開催されており、好評を博している。
    (イベントの日程、詳細は情報サイトを要確認)
  • 歴史を感じる宿場巡り

    ゆったり宿場町巡り
    古くから街道が交差する交通の要衝として栄えてきたため、中山道67の宿場の内
    「塩尻宿」「洗馬宿」「贄川宿」「奈良井宿」の5つ、善光寺街道の「郷原宿」
    三州街道の「小野宿」がある。
    なかでも、「奈良井宿」は当時の景観がよく残っていることから、漆器の町として知られる
    木曽平沢とともに「重用伝統的建造物保存地区」に指定されている。
    また、木曽漆器は伝統工芸品になっており、冬季オリンピック長野大会の入賞メダルには
    木曽漆器が使われた。