文字を大きく
2015.06.19

三の丸

皆様こんにちは。

本日は当ホテル周辺の呼び方にまつわるご紹介をさせていただきます。

その昔、松本城は三重の水堀に囲まれ、内側から『内堀』『外堀』『総堀』と呼ばれていました。

内側に囲まれた区域が[本丸]、外側に囲まれた区域が[二の丸]、そして外堀と総堀の間の区域が[三の丸]となります。

現在でも多くの方が観光に訪れる本丸には天守の建物と本丸御殿があり、二の丸には御殿が2棟と米などを貯蔵する蔵や茶屋などがありました。

そして三の丸には家老をはじめとする上中級の藩士の屋敷が置かれていました。

総堀の城側には土塁が築かれ、その上には塀が廻っていて、城内を簡単には見通せないようなつくりになっていました。

地図を見てお気付きになられた方もいらっしゃるかもしれませんが、松本丸の内ホテルは三の丸に位置し、かつては城内だったのです!