文字を大きく
2017.05.30

美しいものが美しい 丸山太郎のまなざし

皆様こんにちは。

気温がぐんと上がり、暑い日が続きますね。

先週末、松本ではクラフトフェアがあり

多くの方が訪れたご様子でした。

本日は、引き続き『工芸の五月』に関連した

企画展をご案内いたします。

『美しいものが美しい  丸山太郎のまなざし』

期間 2017年4月25日(火)~7月23日(日)

会場 松本民芸館

開館時間 AM9:00~PM5:00(入館はPM4:30まで)

休館日 毎週月曜日(休日の場合はその翌日)

 

丸山太郎は、民芸品の美しさとそれらのある生活の悦びを

多くの人たちに知ってもらいたいという思いから

松本民芸館を創館しました。

その後、氏は民芸館の土地・建物とともに

「民芸を見るたしかな眼」で集めた民芸品を

約6,800点すべてを松本市へ寄贈しました。

以来、松本市では丸山太郎の志を引き継ぎ

民芸品の美しさとぬくもりを伝え、

民芸館そのものがもつ心落ち着く空気感を大切にしてきました。

お庭も美しいこの季節、

みなさまも足を運ばれてみてはいかがでしょうか。